>
>
参拝の作法
                         参拝の作法
 
初詣、七五三などで神社に行く機会が多いものの、参拝の作法については意外と知らないものです。形式だけでなく、動作にまつわる由来なども合わせてご紹介します。


1. 鳥居~参道 気を引き締めてから、鳥居をくぐります
南海電車や阪堺電鉄の駅から住吉大社に向かうと、まず目に入るのが、大きな西大鳥居です。これを一の鳥居といい、神域の入り口を示します。鳥居の前では軽く会釈をし、気持ちを引き締めてからくぐりましょう。鳥居から社殿にいたる参拝の道筋を参道といいます。真ん中は神が歩かれるとされていますので、端を歩くことをお勧めします。

※反橋は見ためが美しいですが、実際に渡るときは傾斜が大きく注意が必要です。
両端の欄干に手を添えてお渡り下さいますようお願いします。

 

手水舎 身体や心を洗い清めます
1. 右手に柄杓を持ち、水を汲み、左手を洗います。 2. 次に、左手に柄杓を持ちかえ、同じように右手を洗います。
 
3. 口をすすぐときは、右手に柄杓を持ち、左手の手のひらに水を受けて口に運びます。 4. 両手で柄杓を垂直に立てて、柄の部分を洗い清めます。

 

拝殿(賽銭箱)神への感謝としてお賽銭を入れます
お賽銭は神への感謝をこめた捧げものであり、昔は稲穂を奉納したので「お初穂料」ともいいます。お賽銭を入れたあと、鈴の緒を両手でしっかり持ち3回力強く鳴らすのが基本です。鈴を鳴らすのは、清らかな音にこめられた神霊の力で自分の魂を祓 (はら) い清めるためで「鈴祓え (すずはらえ) 」と呼ばれています。



拝殿 心を静かにして神に祈ります
拝礼の仕方(二拝二拍手一拝)
1. 2度、深くお辞儀をします 2. 2回、拍手をします
2度、深くお辞儀をします 2回、拍手をします
4. 最後にもう1度、深くお辞儀をします
心を込めて祈ります 最後にもう一度、
深くお辞儀をします
最後に、授与所にて祈願内容に合ったお札やお守りをいただきます。祈願が叶えられたら、お礼の参拝も忘れずにしましょう。

 

このページの先頭へ