よくある質問

住吉大社の由緒・伝統について

住吉大社は、いつ、だれが建てたのですか?
神功皇后自身が住吉大神をお祀りになり建てられました。
これは鎌倉時代に編纂されたという『帝王編年紀』によりますと、鎮座が神功皇后摂政11年、辛卯の年(西暦211年)とされています。やがて神功皇后自身も御祭神として祀られるようになりました。平成23年には御鎮座より1800年を迎えました。
住吉大社はなぜ大阪に建てられたのですか?
神功皇后が新羅を平定されたのちの帰り道、急に船が動かなくなるという変事がありました。神さまにお尋ねすると、住吉大神が「大きな港があって玉のように美しく細く突き出た場所に鎮まりたい」とお告げになられました。そこで住吉の地に祀られることになりました。

当時の住吉の地は、大阪湾が今よりも内陸に広がっており、そこに上町台地が南に突き出た場所でした。仁徳天皇の時代には住吉津がおかれ、のちには遣唐使などが出発したという良港であったということからも、住吉の地理は海上交通の要所であったともいえましょう。
住吉大神さまはどのような神さまですか?
住吉大神さまは底筒男命・中筒男命・表筒男命といわれる三柱の神さまの総称をいいます。この住吉大神さまは、お祓い・航海安全・和歌の道・産業育成などのご守護をされることで有名です。古くより多くの人々の崇敬を受けてきました。

『古事記』『日本書紀』など日本最古の伝説と歴史が書かれている書物によりますと、イザナギノミコトが亡き愛妻イザナミノミコトを追いかけて、ついに黄泉国(死者の国)にまで行かれました。しかし、妻を連れ戻すことは出来ず、地上へと帰ることになりました。地上に戻ったものの、その身には黄泉国のケガレを受けてしまったので、海に入って禊 (みそぎ) を行ないました。禊とは身体を清める行為で、これを行なった時に、底筒男命・中筒男命・表筒男命の三柱、つまり住吉大神がお生まれになりました。よって「海の神」「おはらいの神」として特に崇敬されます。海は生命の源であり、禊や祓という行為も水でもって生命力を更新するものですから、住吉大神は「生命」そのものを守護育成される尊い神さまです。
神功皇后さまはどのような神さまですか?
神功皇后の本名は息長足姫 (おきながたらしひめ) 命で、第14代仲哀天皇の皇后です。皇后の父は、第9代開化天皇の曾孫で、母は朝鮮半島の新羅から帰化した天日槍 (あめのひぼこ) の子孫にあたります。

皇后は仲哀天皇と一緒に九州の熊襲征伐に向われ、途中で天皇が崩御せられた後も、女性の身で、しかも懐妊中であるにもかかわらずに、国内を平定しました。またさらに進んで朝鮮半島にまで進出し、ことごとく勝利を得られました。この後、凱旋してからお産まれになられたのが応神天皇です。皇后はご守護をいただいた住吉大神を祀られましたが、ご自身も住吉大神と一緒に住みたく思われましたので、この地に共にお祭りされることになりました。
国宝の住吉造にはどんな特徴がありますか?
本宮の建築様式は「住吉造」と呼ばれます。日本の古代建築をよく遺したものには伊勢神宮の「唯一神明造」、出雲大社の「大社造」がありますが、住吉造はそれらに次ぐ古風を伝えるものです。屋根はヒワダ葺き(ヒノキの皮を敷き詰めたもの)の切妻(屋根の端を切り揃えたもの)という形式です。室内は外陣と内陣の二間に分かれ、柱は丹塗り、壁は胡粉塗りという様式になっています。また住吉造の構造は、天皇陛下の大嘗祭で造営される「大嘗宮」という神殿と類似した平面構造をしていることも特徴として挙げられます。現在の四本宮は江戸時代の文化7年(1810)の造営で、国宝に指定されています。

このように古代の様式を連綿として伝えていくことは大変に重要なことです。昔の文明に想いを偲ばせるような古代の「遺跡」ではなく、現在に至るまで祭祀が途切れなく、また伝統をよく守り続けられてきた事実が意義深いものでしょう。
住吉大社は全国にある神社のなかでもどういう位置づけですか?
日本全国には八幡さま稲荷さまをはじめ数多くの神社がお祀りされています。その中でも住吉神社はおよそ2000社以上も祀られており、それら住吉神社の総本社にあたるのが住吉大社です。現在は各神社が独立した宗教法人となっております。

歴史的にも古くから朝廷からのご崇敬をあつめ、神さまの位として最も高い「正一位」とされ、「摂津国一之宮」に列せられました。また後には国家より格別の扱いである神社の社格が「官幣大社」とされました。
住吉の地名には何か由来がありますか?
神功皇后が住吉大神をお祀りされる際、それに相応しい土地をあちこちと探しましたが、この地を見つけた時に、「真住吉」との託宣を得られました。よってこの地を住吉と名づけて鎮座しました。 この「住吉」は、スミヨシと読みますが、古くは「スミノエ」と読みます。スミノエの「エ」とは、今でも関西圏では、良い事を「ええ」(良い)というのと同じで、神さまが「住むのに良い」という意味です。神さまの御心にかなう土地ということで住吉といいます。

また、住吉大神は祓の神さまでもあり、昔の住吉の海岸は水が美しかったということもあり、まさに「澄み良し」という意味もあるのです。

全国には住吉神社が多く祭られており、この住吉の地名が全国の同じ神さまをお祭りする土地へ広まったため、そこの地名を住吉と名付けたことにより、現在でも全国に住吉という地名が多く存在しているのです。

大阪市には、住吉区・住之江区があり、また住吉区には墨江などの地名がありますが、もともとは住吉大社より起こった名称であります。
住吉大社の巫女さんは、なぜ頭に飾りがついているのですか?
まず、当社は巫女とは呼ばずに「神楽女」 (かぐらめ) と呼んでいます。住吉大社は伊勢の神宮や春日大社など古社とならび、伝統ある神楽を継承しており、その神楽舞に奉仕するのが神楽女です。神楽を舞うことで神霊を神楽女に御招きする意義がありますので、頭上には鏡を中心に、神木である「松」が掲げられ、神使の「白鷺」が飾りつけられています。
お神楽とはどういうものですか?
神楽とはカグラと読み、歌や舞をともなって、神さまに奉納して御心をなごませる神事芸能のことです。神話では日神の天照大神が岩戸隠れなさった時、アメノウヅメという神が舞を行ったことに起源を発するともいわれます。

住吉大社には古来より伝統ある神楽が伝承され、優美で典雅な古い手振りをのこす巫女神楽です。神楽歌には数多くのものがあり、神事で神饌を供える際、本殿の御扉の開閉時などで行われます。また神楽女が舞を行うものには、神降・倭舞4段・熊野舞4段・白拍子・田舞(八乙女舞)・初辰神楽などが伝承されています。

施設のご利用について

お休みはいつですか?
神社に休日はありません。毎日神さまへご奉仕しております。
本宮にお参りできる時間について
住吉大社の開門と閉門の時間は、朝6時~夕方5時(10月~3月は朝6時半~夕方5時)です。
なお、正月や夏祭りなど祭日では例外もあります。
お守りやお札の授与、ご祈祷などの受付時間について
授与所と祈祷受付の受付時間は、朝9時~夕方4時半です。
なお、正月や夏祭りなど祭日では例外もあります。
ご祈祷は予約制ですか?いつ行っても受付けてくれますか?
当社では予約を行っておりません。上記の時間内であれば随時受け付けを承っており、その都度でご奉仕申し上げております。
本宮をお参りの際、お札やお守りのある授与所にて申し込みください。

なお、神職が現地に赴いて奉仕する出張祭(地鎮祭・竣工祭・清祓祭等)については、事前に予約が必要です。詳しくは社務所06-6672-0753までご連絡ください。

結婚式は行っていますか?披露宴なども行えますか?
年間を通して数多くの挙式や披露宴も行われています。
ご要望とご相談に応じて様々なプランを提供いたしております。
詳しくは住吉大社吉祥殿06-6675-3591までお問い合わせいただくか、吉祥殿ウェブサイトをご覧ください。
※住吉大社吉祥殿 TEL:06-6675-3591(定休日:水曜日)

境内にはどんな施設がありますか?
境内はおよそ3万坪の面積があります。その中には次の施設があります。

「住吉大社吉祥殿」 …結婚式・披露宴会場、各種会合、喫茶コーナー(水曜定休日)
「駐車場」 …約200台収容、一時間200円。夜間は閉鎖。
「住吉武道館」 …武道から手品まで各教室がある。
「卯の花苑」 …卯の花の時期には一般無料開放。5月~6月頃

正月参拝について

大晦日は何時から住吉大社境内に入れますか?
17時にいったん門を閉めますが、22時に再び開門します。それ以降は元旦の夜10時まで参拝できます。
お正月は何時から何時まで開いていますか?
12月31日の22時~1月1日の22時、2日~3日は6時~21時、4日~5日は6時~18時、6日は6時~17時、7日以降は通常に戻ります。

天候などにより時間の変動がありますので、詳しくはお問い合わせください。
問い合わせ先:住吉大社社務所(06-6672-0753)
お正月にご祈祷してもらいたいのですが…。
1~8日頃までは、第一本宮で行ないます。※期間は毎年変更いたします。

注意:初宮参りの場合、15日まで団体のご祈祷が多いため、待ち時間が長くなる可能性が高く、お勧めできません。受付はしていますが、できれば1月下旬以降に参られることをお勧めします。また、車のお祓いも、9日以降にされることをお勧めします。
会社のご祈祷をお願いしたいのですが…。
社務所までFAX(06-6672-0110)でご連絡のうえ、お電話でご相談ください。FAXでご連絡していただく際に明記する内容は、以下のとおりです。

・ 参拝月日、時間
・ 会社名(よみがな)
・ 代表者名(よみがな)
・ 予定参拝人数
・ 住所、電話番号
・ 担当者(よみがな)
忘れ物や落とし物をしてしまったのですが…。
住吉警察署(06-6675-1234)までご連絡ください。
初詣の参拝者はいつも何人くらいですか?
お正月三が日で毎年約230万人の方がお参りにいらっしゃいます。
神馬(白馬)は、いつ見ることができますか?
7月20日頃~8月1日と1月7日頃、境内の神馬舎にいます。8月1日の住吉祭神輿渡御では堺宿院頓宮まで御渡りし、1月7日の白馬神事では本宮の周りを駆け巡る神事が行われます。ぜひ神馬を見にお越しください。