あらまし

 

摂津国の一の宮、住吉神社の総本社
古くは摂津国 (せっつのくに=大阪府北西部と兵庫県南東部を占める旧国名) の中でも、由緒が深く、信仰が篤い神社として、「一の宮」という社格がつけられ、人々に親しまれてきました。昭和21年までは官幣大社であり、全国約2300社余の住吉神社の総本社でもあります。 ご祭神
※ご祭神とは神社に祀られている神様のことです
住吉大神御神影

「日本書紀」や「古事記」の神代の巻での言い伝え
伊邪那岐命 (いざなぎのみこと) は、火神の出産で亡くなられた妻・伊邪那美命 (いざなみのみこと) を追い求め、黄泉の国(死者の世界)に行きますが、妻を連れて戻ってくるという望みを達することができず、逆にケガレを受けてしまいます。そケガレを清めるために海に入って禊祓いしたとき、住吉大神である底筒男命 (そこつつのおのみこと) 、中筒男命 (なかつつのおのみこと) 、表筒男命 (うわつつのおのみこと) が生まれました。

御鎮座の由緒
第十四代仲哀天皇の妃である神功皇后 (じんぐうこうごう) の新羅遠征(三韓遠征)と深い関わりを持っております。神功皇后は、住吉大神のお力をいただき、たちまち強大な新羅を平定せられ、無事ご帰還を果たされます。この凱旋の途中、住吉大神のお告げによって、この住吉の地に祀られることになりました。                           
*御鎮座とは、神さまの土地を定めて、お祀りすることです。

 

 

伝統ある式年遷宮祭

住吉大社の遷宮
住吉大社は、昔から20年ごとに本殿を新しく建て替える遷宮を行っています。古く由緒のある神社、たとえば伊勢神宮や香取・鹿島・賀茂社などでも同様に、数十年単位で御本殿を新築していくことが伝統でした。近世に入ると、住吉大社では本殿の修繕・改修とともに、お祭を行うようになりました。本殿の改修では、特に丹塗りや桧皮葺が重要で、ヒノキの樹皮を加工した桧皮 (ひはだ) で屋根を葺きます。今回の第49回式年遷宮は平成20年~21年にかけて斎行され、国宝社殿の塗替をはじめ、諸建造物の修理を行い、境内の整備をいたしました。

御鎮座1800年記念大祭
平成23年5月12日に、御鎮座1800年記念大祭を斎行し、様々な奉祝行事が行われました。

➡ 式年遷宮年年表はこちら

 
 
※ご神徳とは神様のお力のことです

住吉祭夏越祓神事

(茅の輪くぐり)

住吉大神は伊邪那岐命の禊祓 (みそぎはらい) の際にご出現されたので、神道でもっとも大事な「祓(はらえ)」を司る神です。

住吉大社の夏祭り「住吉祭」が単に「おはらい」と呼ばれ、大阪はもとより摂津国・河内国・和泉国ひいては日本中をお祓いする意義があるほど、古くより「祓の神」として篤い崇敬を受けてきました。

 

 

汐汲船

住吉大神は海中よりご出現されたため、海の神としての信仰があり、古くから航海関係者や漁民の間で、霊験あらたかな神として崇敬されてきました。

奈良時代、遣唐使の派遣の際には、必ず海上の無事を祈りました。

「住吉に斎く祝(はふり)が神言と行くとも来とも船は早けん」(万葉集)と詠まれるこの歌は、住吉大神の言葉として、遣唐使に対し無事の帰還を約束した神のお告げを伝えたものです。

このような海上安全の守護としての信仰は、江戸時代、海上輸送が盛んになるとともに、運送船業の関係者の間にも広がり、現在境内にある約600基の石燈籠の多くは、運送船業の関係者から奉納されたものです。

 

境内の歌碑

古来より住吉大社は白砂青松の風光明媚なところから、万葉集や古今和歌集などの歌集に数多く歌が詠まれております。

特に平安時代からは、歌道を志して参拝する人々も少なからず、献詠もまた数知れぬという有様でした。境内にはたくさんの歌碑・句碑が奉納されています。

有名な和歌としては、「我見ても久しくなりぬ住吉の岸の姫松いく代へぬらむ」(古今和歌集)があります。この歌は、神楽の曲として、今日でも歌われています。

 

御田植神事

住吉大神が草を敷かずに苗代をつくる方法を教えたという伝説により、古くから「農耕の神」として篤い崇敬を受けてきました。

古い時代の農耕は当時の産業を代表するものでしたから、住吉大神は「産業の神」と申し上げてもよろしいわけで、現在は農業関係者のみならず、商業・工業関係者からも深く信仰されております。

境内には約二反の御田があり、毎年6月14日には「御田植神事」が盛大に行われておりますが、第四本宮ご祭神、神功皇后が長門国(現在の山口県)から植女 (うえめ) を呼び、御田を作り五穀豊穣を祈られたことが始まりといわれています。



御結鎮神事(お弓始め)

神功皇后の新羅遠征(三韓遠征)神話に由来します。神功皇后は住吉大神のお力をいただき、御自らも弓鉾をとり、大いに国威を発揚せられたとあります。

 また、神功皇后は住吉大神の御鎮斎に際し、その警護のために土師弓部(はじのゆみべ)十六人を当社におかれたといいます。その故事にちなんで、邪気退散・天下泰平を祈願し、御結神事(お弓始め)が新春に行われます。

 

相撲会(住吉名勝図会)

「住吉松葉大記」によれば、往古の住吉大社年中行事のうち、相撲会(すもうえ)の神事が最も壮麗で盛大なものであったといいます。

現在も「宝之市神事(10月17日)」の近くの日曜日には、近畿高等学校相撲大会が行われ、熱戦が繰り広げられます。

横綱の起源説話は住吉大社と深い関係を持っています。

弘仁年間(810~823)住吉大社の相撲会(すもうえ)において、最強を誇った近江国住人のハジカミという力士がおり、誰一人として相手になるものがおりませんでした。そこで行司志賀清林は案じて、神前の注連縄をとり、力士ハジカミの腰にまとわせました。そして、ハジカミと相撲をとって腰のしめ縄の垂れに手をかける者があれば、これを勝ちとしてハジカミを負けとする、などと一興したところ、やはり誰もこのしめ縄に触れることすらできませんでした。これこそが、横綱の起源であると伝わっています。

平成25年より、大相撲3月場所(大阪春場所)に先立ち、住吉大社において(財)日本相撲協会奉納による「手数入奉納(横綱土俵入)」が行われております。

この際、当社横綱伝説の故事に因み、第一本宮前の御神木に横綱による注連縄の奉納を行っております。





 

このページの先頭へ