遷宮年表

 

遷宮年表
いにしえより続く住吉大社の式年遷宮の歴史についてご紹介します。

 

住吉大社遷宮の記録は「天平勝宝元年造住吉社」(興福寺年代記)とあるのが初見でありまして、次いで「延長6年 今年住吉 遷宮」(扶桑略記)「長和3年中略今年住吉社遷宮」(日本紀略)と見えますが、弘仁、延喜当時20年一度の遷宮が「積習」となっていましたので「天平勝宝元年」を第1回とすれば、延長元年まで10回を数え、さらに長和3年まで4回を数えることができます。

以後、平安鎌倉時代を通じ室町時代の永享6年(後花園天皇)まで20年一度の遷宮は厳重に守られたことが記録に明瞭であります。

遷宮年表

(1) 749 天平勝宝元年 興福寺年代記
(10) 928 延長6年 貞信公記抄・扶桑略記裡書
(14) 1014 長和3年 日本記略
(15) 1034 長元7年 日本記略
(16) 1053 天喜元年 百錬抄
(17) 1074 承保元年 永昌記
(18) 1094 嘉保元年 中右記
(19) 1114 永久2年 中右記
(20) 1134 長承3年 中右記
(21) 1153 仁平3年 本朝世紀
(22) 1174 承安4年 顕広王記
(23) 1194 建久5年 和漢合符
(24) 1214 建保2年 百錬抄
(25) 1234 文暦元年 百錬抄
(26) 1253 建長5年 永享6年8月記・続古今和歌集
(27) 1274 文永11年 文永代始公事抄
(28) 1294 永仁2年 帝王編年記
(29) 1314 正和3年 花園天皇宸記
(30) 1334 建永元年 永享6年8月記
(31) 1354 正平9年 永享6年8月記
(32) 1374 文中3年 師守記・永享6年8月記
(33) 1394 応永元年 東寺百合文書・永享6年8月記
(34) 1413 応永20年 水無瀬文書
(35) 1434 永享6年 師卿記・永享6年8月記
(36) 1517 永正14年 津守則氏御殿修理日記
(37) 1542 天文11年 住吉神社旧記
(38) 1606 慶長11年 慶長11年津守家盛記
(39) 1617 元和3年 松葉大記
(40) 1655 明暦元年 棟札
(41) 1709 宝永6年 宝永5年御造営記所引棟札
(42) 1758 宝暦8年 摂陽奇観
(43) 1810 文化7年 摂陽奇観
(44) 1878、9 明治11、12年 住吉大社文書
(45) 1901~7 明治34年~40年
(46) 1936 昭和11年
(47) 1961 昭和36年
(48) 1991 平成3年
(49) 2011 平成23年

 

このページの先頭へ