11月の行事

明治祭
日時: 11月3日
場所: 第一本宮
明治維新を断行し、近代日本の輝かしい建設発展のご先頭に立たれた明治天皇のお誕生日にあたり、その偉業と文明開化をしのび、皇室の安泰と国の隆盛を祈ります。 

埴使
日時: 11月初旬ごろ
場所: 畝傍山
五穀豊穣を祈る祭りに欠かせない慣わしです
祈年祭と新嘗祭に付随した主要な行事です。祈年祭・新嘗祭の前に、奈良県にある畝傍山 (うねびやま) の埴土 (はにつち) を採ってくる神事です。とても大切な神事のため、神職は雲名梯神社、畝火山口神社 (うねびやまぐちじんじゃ) にて祭典を行い、山に登ります。山頂の秘地にて口に榊の葉を含んで、埴土を三握半、採取し、埴筥 (はにばこ) に収めて持ち帰ります。埴土はお供えを入れる祭器を作るのに使われます。一般の人が見ることはできませんが、住吉大社でのみ、現在も伝承されている儀式です。

七五三祝祭
日時: 11月15日

子供が無事に成長することを祈る祭典です。

七五三についてのご案内はこちら

 

 

新嘗祭
日時: 11月23日10時~
場所: 第一本宮
今年1年の豊穣を喜ぶ収穫祭です

新嘗とは、宮中にて天皇が神々に新穀をささげ、みずからも一緒に召し上がる重要なお祭りです。現在ではこの日を「勤労感謝の日」とし、祝日とされています。全国の神社でも大祭として行われ、初穂を供え、今年1年の収穫の感謝と喜びを神に報告する儀式です。

御供えする初穂

起源は稲作が始められた弥生時代であったと言われています。五穀豊穣に関わる儀式の中でも、特に重んじられています。

 

祈り:新穀感謝・国家安泰

 

五社 秋季例祭
日時: 11月初申10時~
社について:住吉の神職七家祖神を祀っています。春と秋の2回お祭りが行われます。七家とは、住吉大神をお祭りされた初代神主・田裳見宿禰(たもみのすくね)の七人の子より始まる神職の家です。


ご祭神:大領の祖神・板屋の祖神・狛の祖神・津の祖神・高木の祖神・大宅の祖神・神奴の祖神

 

このページの先頭へ