10月の行事

大歳神社 例祭
日時: 10月9日10時~
ご祭神: 大歳神(おおとしのかみ)
大歳社についての詳しい解説はこちら

大海神社 例祭
日時: 10月13日10時~
海の神さまをお祭りする一大イベントです
 

海の神さまのお祭りのために、漁業組合や、関連業者が遠方から訪れます。例祭の中でも、参拝客が多くにぎわうことで有名です。

ご祭神: 豊玉彦命(とよたまひこのみこと)
豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
 
大海神社についての詳しい解説はこちら

おいとしぼし社 秋季例祭
日時: 10月15日11時~
社について:「おもかる石」と呼ばれる不可思議な石が三基あります。人々は願掛けをしたのち、石を持ち上げ、軽く感じれば「可」、重く感じれば「否」であると伝えられています。大歳社の境内にありますが、もともとは境内の外であつい信仰を集めていました。年に2回、春と秋に例祭が行われます。  

龍社 例祭
日時: 10月16日10時~
社について:住吉の地は大海神社の記紀伝説にもあるように、竜宮と呼ばれる海宮の言い伝えがあります。この龍社も、もともとは御井殿社 (みいどのしゃ) といわれていました。


ご祭神: 水波野女神 (みづはのめのかみ)

宝之市神事・升の市・近畿高等学校相撲大会
日時: 10月17日10時~
場所: 五月殿~御田~第一本宮
日本最古の「市」であり、商都大阪の起源ともいわれています

御田で刈り取りのお祭りを行い、引き続き本宮にて刈り取った初穂と五穀を神前にお供えする神事です。相撲大会には近畿の強豪が集まり、熱戦が繰り広げられます。

歴史的背景:「宝之市」とは、文字通り、神の御恵みによって得られた「お宝」を指します。つまり稲作りに励んだ結果できたお米をはじめとするさまざまな生産物を神にお供えし、その残りを庶民で分け合うというお祭りを、具現化したものです。着飾った市女 (いちめ) 5人が五穀を入れた升を神前にお供えします。 大阪商業の発祥であるともいえます。また、升 (ます) が売られていたことにより、升の市とも呼ばれるようになりました。
相撲大会は、宝之市神事が行われる近くの日曜日に開かれます。

 

后土社 例祭
日時: 10月19日10時~
社について:后土は土地の神を指し、鬼門を守護しています。昔は神木が祀られており、神饌の余りや祭器の破棄すべきものは、すべてこの神木の下に納めたともいわれています。

ご祭神:土御祖神(つちのみおやのかみ)
                

船玉神社 例祭
日時: 10月21日10時~
社について: 天鳥船命(あめのとりふねのみこと)
猿田彦神(さるたひこのかみ)

船玉神社についての詳しい解説はこちら

 

このページの先頭へ