4月の行事

松苗神事
日時: 4月3日11時
場所: 本宮
伝統的な神楽と俳句を堪能できるお祭りです

境内に松の苗を植樹し、俳句を披露する神事です。平安時代から住吉大社に伝承されている熊野舞(くまのまい)や白拍子舞(しらびょうしまい)は、一見の価値があります。

歴史的背景:住吉大社はもともと松で有名でした。しかし江戸時代に、松が次々と枯渇しかけたのをきっかけに、句を歌い、苗を植えたことからお祭りが続いています。緑化運動のさきがけとしても有名です。

正印殿祭
日時: 4月6日10時~
場所: 正印殿跡
この地で崩御された後村上天皇をしのぶお祭りです。

ご祭神:住吉大社の神印を納め置いたところだったので、こう名づけたとされています。国の史跡指定となっている「正印殿跡」は、住吉大社から約300メートル南の所にあります。後村上天皇はここを行在所として定め、およそ8年間、この住吉より天下に号令を発せられました。

種貸社 例祭
日時: 4月9日10時~

ご祭神:倉稲魂命(うがのみたまのみこと)

種貸社についての詳しい解説はこちら

鉾社 例祭
日時: 4月14日10時~
社について:別名を鉾御前 (ほこごぜん) ともいいます。本社は香取神宮で、御本宮を守護する武神です

ご祭神:経津主命 (ふつぬしのみこと)

おいとしぼし社 春季例祭
日時: 4月15日11時~

社について:社について:「おもかる石」と呼ばれる不可思議な石が三基あります。人々は願掛けをしたのち、石を持ち上げ、軽く感じれば「可」、重く感じれば「否」であると伝えられています。大歳社の境内にありますが、もともとは境内の外であつい信仰を集めていました。年に2回、春と秋に例祭が行われます。

楠玉稲荷社 例祭
日時: 4月10日11時~
社について:大阪市港区の港住吉神社の末社で、稲荷神を祀っています。

ご祭神:倉稲魂神(うがのみたまのかみ)

五社 春季例祭
日時: 4月初申10時~
社について:住吉の神職七家祖神を祀っています。春と秋の2回お祭りが行われます。七家とは、住吉大神をお祭りされた初代神主・田裳見宿禰 (たもみのすくね) の七人の子より始まる神職の家です。

ご祭神:大領の祖神・板屋の祖神・狛の祖神・津の祖神・高木の祖神・大宅の祖神・神奴の祖神
   

昭和祭
日時: 4月29日
場所: 第一本宮

旧昭和天皇天長節に激動の昭和を顕彰するため、平成19年1月1日施行の神社本庁神社祭祀規定により、この年から執り行っています。皇室の安泰と国の隆盛を祈ります。

 

このページの先頭へ