1月の行事

若水の儀・元旦祭(別名・歳旦祭)
日時: 若水の儀…元旦早朝5時~
元旦祭…初日の出の時刻~
場所: 元旦祭は第一本宮前
1年の幸を祈るお祭りです

若水の儀は、宮司みずからが第四本宮前にある神井から御神水(若水)を汲み上げ、各本宮にお供えする神事です。汲み上げられた若水は竹筒に入れられ、第四~第一本宮、大海神社、侍者社の各社にお供えします。引き続いて天神地祇に祈る元旦祭が行われ、終わるころには初詣参拝の人で境内はにぎわいます。

祈り:若水には、邪気を除き、若返り水としての信仰があります。元旦祭では、五穀豊穣・無病息災・国家の隆昌と国民の安泰を祈ります。

コラム:水は命の源とされていて、1年の初めに汲み上げられた水はとても神聖なものとされています。これをお供えして無病息災や邪気を追い払う祈願をします。神井で汲み上げられた水は、この若水の儀のときと、御田植え祭りのときに入れられる水のときにしか使いません。

元始祭
日時: 1月3日8時~

年の始めにあたり、宮中で行われるお祭りのことです。

住吉大社においても、国家と国民の繁栄・幸福をお祈りします。

踏歌神事
日時: 1月4日13時~
場所: 第一本宮前
福の餅をもらって1年の幸運を授かりましょう

五穀豊穣を祈る儀式です。昔はアラレバシリと呼ばれていました。言吹(ごんすい)と袋持(ふくろもち)が声を掛け合い歩み寄り、神前に福の餅を捧げます。その後、神楽女による白拍子舞(しらびょうしまい)と熊野舞(くまのまい)が奉納されます。白拍子舞は、全国的にも貴重な秘曲です。最後に福の餅撒きが行われます。当日は、福を授かろうと大勢の参拝客でにぎわいます。

祈り:福の餅を授かると幸運が得られるといわれています。
*福の餅とは、朱色で「福」と刻印されたお餅のことで、紅白そろって配られます。

歴史的背景:土地の精霊を鎮め、厄を祓うために、春の始めに大地を踏み、福を招く神に祈る行事と思われます。現在は、おもに熱田神宮(愛知県名古屋市)と住吉大社で行われており、大変貴重なものとなっています。

 

 ⇩ クリック後 動画再生します

白馬神事
日時: 1月7日11時~
場所: 第一本宮前
白馬は縁起を担ぐといわれています

国家安泰をお祈りした後、白馬(あおうま)「白雪号」が2名の神職とともに、各本宮を拝礼します。さらに第一~第四本宮の周囲を駆け巡ります。

祈り:白毛の馬を「あおうま」と呼び、特に1年の初めに見ると、その年は無病息災となり、たいへん縁起のいいものとされています。

⇩ クリック後 動画再生します

市戎大国社 例祭「えべっさん」
日時: 宵えびす…9日
例大祭 …10日
大阪最古のえびす祭りです

商売繁昌のお祭りです。「住吉のえべっさん」として商売人から崇拝を受けているこの社では、福の餅撒きや願いごとが書かれた祈祷木を焚きます。また住吉漁協の奉仕による魚市がひらかれ、特にタイや伊勢エビの即売は大人気です。当日は福笹や吉兆を求める人で境内は賑わいます。

祈り:商売繁昌
 

 

若宮八幡宮 例祭
日時: 1月12日11時~

笛と太鼓の音に合わせた巫女の舞とともに「湯立神事 (ゆたてしんじ) 」が行なわれます。神前に四つの大釜を据え、御幣を振り、笹にて煮えたぎる釜湯を撒きあげる姿は圧巻です。

歴史的背景:この神事は、五穀の豊作を占うとともに、神霊のよみがえり・更新を意味し、春の初めに行うのは、穀物の豊穣を祈るためだといわれています。

若宮八幡宮についての詳しい解説はこちら

 

 ⇩ クリック後 動画再生します

御結鎮神事
日時: 1月13日10時~
場所: 第一本宮、特設射場

神前に捧げた矢をもって除魔招福を願う神事です。祭典を終えたのち、弓の名人が大的を射る古式による弓十番が行われます。

祈り:邪悪退散・天下泰平・除魔招福

歴史的背景:年の初めにあたり、農事に禍(わざわい)をもたらす悪霊を退散させることを目的として行われていました。

 

 ⇩ クリック後 動画再生します

 

新年献詠祭
日時: 1月15日10時~
冷泉流による和歌の披露と朗詠があります

住吉大社で行われる献詠祭は年3回。その中でも新年最初の献詠祭です。祝詞・神楽の後、神職により、宮司の和歌と入選俳句が披露されます。
*冷泉流とは…朗詠の流派のひとつです。古く雅な印象があります。

歴史的背景:歴史的背景住吉大社は「和歌の守護神」として名高く、古来より崇敬が厚いことで有名です。

 

 

古札焼納式(とんど)
日時: 1月15日
午前9時~午後2時

昨年1年間に守護をいただいた古い御札やお守り、

正月のしめ縄などを焼き納める行事です。この火で

餅を焼いたり、煙を浴びると無病息災になると伝え

られています。

 

 

今主社 例祭
日時: 1月27日10時~
社について:ご祭神の国助は神職でした。2度の元寇でモンゴルが北九州に攻めてきたときには、国を挙げて祈願し、住吉大社でも朝敵降伏を祈ったといわれてます。また、生前より霊感が異常にすぐれていたそうです。

ご祭神:国助霊神 (第48代・津守神主)
                

 

このページの先頭へ